Healed while heal

30代田舎在住ゲイリーマンの、普段表に出せない感情などを書き綴るブログです。

考えの殻を壊したい

 ゲイとわかってから約14年、田舎に越してから6年経過しましまたが、最近、下記理由からこの場所で女性と結婚するのもアリかなと思う自分がいてます。もちろんこの問題は賛否両論いろいろあると思いますが、あくまでも現時点の自分の考えです。また変わるかもしれませんが・・・

 

◆今やっている仕事がそこそこ好きで、辞めるのはもったいないという感じ。
住んでいるところも、田舎ということでしがらみも強いが、正直「郷に入れば郷に従え。」的な感じで、5年いると結構良いなと感じている。物価が安い、気候が良い。海山近く自然環境は良くて、同じ生活コストであれば確実に都会よりは生活レベルは、高くできる。
◆周囲に独身でいることへの引け目を強く感じるようになった。職場でも年下と接することが多くなった。
◆親との同居がきつい。離れたい。でも一人暮らしよりは人数が多い方が経済的にもメリットがある。
◆最近、周囲にカミングアウト的なものはちらっとしており、交際途上で言うつもりやし、そのことで周囲にばれても別に良いやという気持ちの余裕ができた。(5年前の女性との交際時は、この問題をどう切り出すかで、少しずつ小出しに醸し出していましたが、核心を言うのが怖くなり、一方的に逃げた経緯があるが、今回は覚悟ができている。)ばれたらばれたで、しれっとおれる自信もあるし、おれなくなったら、この場所から逃げる勇気もある。
◆都会でトレード1本もしくはそれを主にやっていくことを決めたが、そもそもトレードはゆったりとした気持ちであせらずやることがパフォーマンス向上につながると身をもってわかったので、そういう環境を手に入れたい。
◆最近、仕事上で新婚から新婚3年目くらいの家を建てたくらいの家を訪問することが多く、素直に、こういうおちついた生活も良いなと思い始めた。
〈かといって、ゲイの相手を見つけるということになると、そもそも周囲にいないし(アプリでは10人いるかいないか)そんなところでの可能性も低いし、日陰の様に暮らすも嫌やし、堂々とする勇気もない。かといって今更、都会にいってゲイの恋愛競争的なものに埋もれて生きていくのもなんかな・・・という気持ち。〉
◆そもそも自分は20代から30代前半のこの血気盛んな時期(?!)に男性との付き合いは一切しておらず、結婚しても浮気みたいなものをすることはないと思うようになった。


ていうふうなことを書きましたが、要は、「俺の理想は、この場所で今の仕事を働き方改革とかいって適当にしながら、トレードでも稼いで、生活環境の良いところでのんびりできたらな。はっきりいって今の仕事辞めて、トレードだけで食うていくのに、そら最低限の生活はできるかもしれらんけど高い家賃払てまで、都会に行く必要なんかないん違うんか。でもここにいるには、最低限、結婚はしとらんと、おる自信はないわ。そら結婚するからには俺もそれ相応の覚悟はせんといかんけど。まあ、ゲイということで女性との結婚を選択肢から除外して生きてきたけど、そんな堅苦しく除外せんでもえんとちゃうやろか。」

という気持ちですが、こればっかりは自分の意見で何とかなる問題ではないので、まずは、それまでの常識を壊すという観点から動いていきたいと思います。