Healed while heal

30代田舎在住ゲイリーマンの、普段表に出せない感情などを書き綴るブログです。

最近のいろいろ 根差し草を意識する日々

最近、書きたい記事はあるけど、時間がなくてこのままやったら通り過ぎそうな感じがしたんで、とりあえずこれまで感じたことを書いてみました。

 

【部署移動】

最近部署移動ありで、残業できなくなる&業務量増加

→時短だけを意識して、仕事をすることに

→結果的に、ゲーム的な感覚となり、効率性アップ 

1つに意識してやるって大事やなと思った

 

【東京に少しだけ滞在】

・即位礼正殿の儀の日に、初めて生で両陛下、皇族方を拝見

→来られるまでの独特の緊張感(警備等)、

他の皇族方の場合、信号は止まらないが、両陛下の場合は信号も止まる。その静けさも含めて、独特の演出感があった。

 

やはり陛下のオーラはすごい。目に焼き付けたものを一生の宝物として日々過ごす。
天気も代えてしまう。やはり日ごろの研鑽の賜物と、天照大神の力なのだと思った。

f:id:mercantile:20191104183109j:plain

※ちなみに目に焼き付けたので、この写真はおっかけの方からレンズ越にもらったものです。あんまり、皇族方の写真をアップすることは控えたいのですが、饗宴の儀に向かわれる皇后さまの笑顔があまりにも美しく(見た目だけでなく、困難な状況も乗り越えられようとする強さもにじむ美しさ)で、載せることにしました。

 

・初めて、天皇陵を参拝(大正天皇貞明皇后昭和天皇香淳皇后

→陵の前で礼をしてしばらくいると不思議な感覚に包まれた。普通、昭和天皇と対面することはそう簡単にできないのに、2人だけで対面しているような感覚になった。ある意味すごく贅沢な気分になってしまった。

f:id:mercantile:20191104183308j:plain

 

茨城空港で偶然「おっさんずラブin the sky 」と記者発表とドラマ撮影を見れた。

田中圭は、けっこうガタイのいい、そこらへんにいそうな感じのイメージで、千葉雄大は、思ってたより小さいというか、かわいい男子高校生のイメージだった。本当はもっと嬉しそうな反応してもよかったけど、変なプライドあって、クールに見てしまった。

f:id:mercantile:20191104183054j:plain

※ちなみに撮影禁止だったのをちらっと撮ってしまってます。

ドラマ1話見たけど、あるある的な共感も多くて、2話以降、楽しみです。

 

【キャッシュレス】

・消費増税に合わせて、取り入れる。意外に便利で、最近はキャッシュレスあり無しかが、店を決める判断になっている。(普段、電車のない地域に住んでいたが、交通系ICカードも初めて作成。今まで、切符買って、無くさないようにしていたのが、あほらしいくらい便利さを今さら感じた。)

 

【ゲイアプリ】

・初めて、顔出しで登録(地元で登録しているときは、例えば東京23区くらいの面積だとすると30人くらいしか登録なく、絶対に顔は出せないので)

・旅行時に、場所は置いといて、メッセージのやり取りをする。

正直、よくない使い方かもしれないが、これはこれで結構楽しいところもある。

 

【トレード】

相変わらず。最近のテーマは、心理・資金管

損するのが嫌。失敗するのが嫌(自尊心?)

➡今の時点で、どんな選択をすれば、一番利益が出るのか?それには、利益や損は関係ない。そういう視点が大事。

規律を保ち、人間としての弱さ(欲望におぼれる。恐怖におののく)を克服する。
◆常に規律を守る意識する。
◆例え、苦手(お金へのこだわりが強い)であっても、弱みが強みになると信じて、取り組む。
1割しか成功しない世界なので、そこを打ち破る必要性を感じる。

 

【30代前半最後の年】

最近、そうなり、なんかそろそろ、本当にどうするか決めていかなといけないと感じる日々。どこへいっても、根なし草みたいな感じがして、それはそれでいいかもしれないけど。

(ここから先は、東京からの帰りの飛行機で書いたもの)
学生時代からでは12年が経過しようとしている。
果たして俺は、こんな生き方でよかったのかと思うこともある。
昔の方がもっと、輝いていて、理想があった。
田舎に帰って来る時も自信満々で来たけど、ゲイのことなんか吹き飛ばせるくらいのものはあった。
たぶん、吹き飛ばせるだけのものがあったからこそ、こんなに不安にならずに、すいすい帰ってこられたのやと思う。
それが、今、その一点だけを見て、少しづつ、自信がなくなっていって、どんどん輝きを失っている感じになった。
戻ったのがやはり失敗だったのか。
でも、このままやったら本当に、どこにも通じない根無し草になってしまう。

なんかほんまに今、根無し草や。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

てなことですが、まあ、なんやかんやいうても根なし草でもいいんじゃないかとも思うときもあります。