Healed while heal

30代田舎在住ゲイリーマンの、普段表に出せない感情などを書き綴るブログです。

脱ゲイプロジェクト

最近、私は急速に脱ゲイ化しています。男性への性的願望が少なくなったというか、だからといって女性へ性的願望が出たかというと出ていないですし、まあ良いように言ったら仙人化した、悪く言えば枯れてしまった感じです。

 きっかけは、昨年秋ごろに、けっこうトレードのこととかで体調面で疲れていたこともあって、健康本を読み、その中で小食を実践し始めたことから始まりました。

 野菜中心、回数を減らした食事法を実践し始めてから、知らない間に性的願望が少なくなっていることに気づきました。空腹で性的願望より食べ物を思い浮かべたりするみたいな(笑)

 マズローの欲求5段階説の最初の「生理的欲求」の食べ物が満たされないような状況が続くと、別に他の2、3、4の社会的要求とか承認要求に関心がいかなくなるイメージです。逆に食事が極上の1食みたいな感じになり、それだけあれば幸せになる感じかもしれないです。

 後から振り返ると、大原扁理さんの「年収90万円で東京ハッピーライフ」という本にも、著者はゲイであるが、粗食をすることで性的要求がほとんどなくなったとありまして、これと同じことなのかなと思います。

https://www.amazon.co.jp/dp/B01MPXWKKV/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

 それに伴って、女性との結婚についても、今までは、結婚しても例えば、恋愛感情を職場とかで抱いたりして相手女性に対しての後ろめたさや、また都会に行ったときに性的処理したり、最悪不倫してバレルリスクとか、結婚のデメリットがありました。今はそれがなくなりつつあり、唯一の障害は、女性との性行為になっています。

 まあ、ノンケからゲイ、ゲイからノンケと単純に変化している訳ではないですが、ノンケの視点からゲイを見れたり、自分の人生にとってもこの経験は、思考の多様化ということでよいことだと思うので、これがどうなるのか、この先、わかりませんが、このプロジェクト継続していきたいと思います。